日田市の観光と歴史を紹介

日田観光歴史ガイド

携帯では正しく表示されない事があります。
 日田おひなさま観光マップ紹介! 期間:2月15日~3月31日
 
日田お雛さまマップ
マップに各施設のお雛さまリンクをつけています

日田お雛さま 交通規制・駐車場案内
 天領文化・おきあげ人形特別展に是非ご来館ください  

日田天領文化のおきあげ人形の歴史展 期間:2月15日~3月31日 日田天領資料館

ご来場5000人目の方です(山口県)


 
日田天領資料館内部写真
 
  おきあげは、下絵を書いた型紙を綿や生地で覆って立体的に仕上げ、竹串を付けて飾る。
  久留米の有馬藩の殿様が参勤交代のお土産で持ち帰ったのが始まりで、下級武士の家庭では女性の内職だったという。長野県松本市や秋田県仙北市など、かつての城下町で多く見られる。

  1901(明治34)年ごろの久留米市では代表的な産物で、顔描き専門の「面目師」がいたほどだ。
  日田市ではどうだったのかはっきりしたことは分かっていないが、久留米最後の面目師といわれる中野千代乃さんが生前、「日田おきあげの顔も自分が描いていた」と話していた。

 日田市内の川津弘子さんは、中野千代さんに祖母が届けて頂き、製造していた。他にも数軒あったようで、かつては日田でも盛んにつくらえていた。
     
 
 
   
人形の下絵    当時の新聞紙 
漫画家 久世みずき先生が画く おきあげ人形シリーズ
「ねこたん」 猫のキャラクター(上:原画  下:おきあげ人形)
     

漫画家 久世みずき先生が画く おきあげ人形「カッパ」 

西有田地区 大行事神社でのお祭りをイメージ


 
 
今年より、販売にも力を入れていくつもりです。

従来のおきあげ、近未来型おきあげ製作販売、オーダー製作もお受け賜ります。

結婚式、初節句に、祖母、母の着物で製作したおきあげ人形も思い出として残す事もできます。



メール

問い合わせ先 fanpu87@yahoo.co.jp 担当 佐々木 

 



 
  

  おきあげ人形・手作り体験



 日田おきあげ人形研究会
         代表 桑野洋輔




    今年の酉年です!!!







日田の歴史  日田の全体歴史年表

   ここだけのオンリーワン

 筑後軌道(大正後期の鉄道網)

 おきあげ人形(江戸時代)

 金銀錯嵌珠龍文鏡(弥呼の鏡)

 広瀬淡窓先生、身分に関係ない私塾

 養育館(日田県・松方正義)

 日田金(江戸)


  日田市一年間イベント紹介 

日田おひなさま 2・3月 豆田町

大原八幡粥だめし 3、15 大原

高塚地蔵・春の大祭 3.24 天瀬町

萩尾稲荷神社大祭3.31 萩尾公園 

いいちこ日田蒸留所まつり 4.(4/5) 有田町


蜂の巣桜まつり 4.5 中津江村

松尾様まつり 4.12 内河町

あまがせ温泉まつり 4月上旬 天瀬町


老松神社まつり 4.15 中津江村

津江系山開き 4.29 前津江村

日田祇園 7、25/26 市内中心部


高塚夏祭り 7.24 天瀬町

大山夏祭り 7月下旬

オートポリス耐久 8/1.2 上津江村

中津江ミュージック 8/15.16中津江村

ひた三隈川鮎まつり8月下 竹田公園

リバーフェスタ 8月下旬 亀山公園

オートポリススーパー2&4  9/12.13

日田放生会 9/21-25 大原神社

高塚秋の大祭 9/24 天瀬町

鯛生金山まつり 10/4 中津江村

小鹿田焼民陶祭 10/10.11 小野町

カッパ祭り 10月中 有田町

五馬くにち 10月20~27 五馬町

オートポリスGT10/31・11/1

秋のバラフェア 11月中ー下 天瀬町

日田天領まつり 11/14.15 豆田町

千年あかり 11/11-13 豆田町

老松神社大野楽 11月中 前津江村

いいちこ日田蒸留所 紅葉祭 11月


リンク

日田観光歴史ガイド

日田市役所

日田観光協会

日田辞典(日田歴史・史跡・遺跡など)

卑弥呼の郷 日田
  Copyright (C) 日田おきあげ人形研究会 All Rights Reserved.